■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
7月、第4週です
  梅雨明けの真夏日、既にこの界隈は明後日からの「天神祭り」一色に染まる。子どもたちには夏休みの待ちに待ったお祭り・・・・・・・・。「今年は太鼓を」、「今年は神輿を担ぐぞ」と、練習に意気込む子どもたちが輝く。

 定休日をいただいた一昨日、京都・二条の生涯学習センターへ合唱の練習に出向く。

4つの組曲・「希い(ねがい)」を作詞されたきたむらいず氏は、原発の問題を巡って分断されている人々の心を一つにするにはどうしたらいいかを悩みながらつくられたと。その思いや経過を最後のページに記されている。
 そして最後に、天国に逝ってしまった今もなお、私を支え続けてくれている妻に感謝します。「ありがとう。和枝ちゃん!」と。・・・・・・・・・・・・・・・・・作詞された彼も被災者のお一人なんだ!!・・・・・・・・・・。

                   DSCF5661.jpg

 そんな思いを抱きながらわたしも合唱のレッスンで歌う。1ヶ月4回のレッスンが終わり、小学校入学前からやっと1年生に入学できた気分。それは、声が少し出るようになったことをはじめ、日常的にもメロディーが少し口ずさめるようになったことでしょうか。少しの成長に喜ぶ単純な年寄りです(笑)。

      *      *      *      *      *      *      *
   のんびり幸せなわたしの暮らしと180度、いや360度不幸なパレスチナガザ地区の人々に心が張り裂ける思いです!!。
 ガザ全域への空爆と艦砲射撃は、4分に1回の割合で行われ、死者の8割が民間人、うち約半数は女性と子どもと。   ガザで生きていくのは大変、食糧配給は3ヶ月に1回、普通なら1ヶ月半で底をつく。 報復が報復を・・・・・・・・・暴力の連鎖・・・・・・・・・・。

                   DSCF5665.jpg

 
 パレスチナオリーブを作っておられる生産者の地域はどうなのでしょう。
 パレスチナ自治区ガザの人たちが、一日も早く普通の暮らしに戻るlことを祈るばかりです。
 
 報復が報復、暴力の連鎖はいけません!。日本の集団的自衛権も同じです!。
 怒りの大きな国際世論を・・・・・・・・。

    
  明後日 7月24日(木) 18:30頃~20:30頃 Acchaにて 「天神祭り 宵のつどい」  
 ちょっと飲んで、食べて、話しませんか。飲み物は準備致します、何か屋台で一品お願いいたします。
スポンサーサイト


日記 | 14:44:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad