■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
子どもたちに幸せな社会を・・・・・・

  今朝の毎日新聞 「ガザ乳児死亡率上昇」 の記事に胸を痛める。ガザ地区・パレスチナと言えば現地で作られる美味しいオリーブオイルやザータル、石けんなどを思い起こす。厳しい政治経済情勢と聞いてはいるが・・・・・・・・。

 「イスラエルやエジプトの境界を壁やフェンスで囲まれたガザは、”天井のない監獄”とも呼ばれる」
 「20代の妊婦は、”子どもを待ち望んでいたけど、産んでも戦争で殺されてしまうのではないか” と悲観している」
 「早産、先天性奇形、感染症などが死亡率上昇をもたらす」

 夏休みに見てきた感動の映画 「ふたつの名前を持つ少年」 とも連動する。
 1942年 ポーランド。8歳のユダヤ人少年が身の上と名前を偽ってナチス・ドイツの手を逃れ、たった一人で終戦までの3年間を生き抜いた感動の実話です。

   DSCF6874.jpg  DSCF6867.jpg

    戦後70年と言う今日、日本をはじめ世界の子どもたちは本当に幸せなのでしょうか・・・・・・・・・・・。ガザ地区のよう戦闘中に生まれる子どもたち、未だに続く人種差別、日本で多い子どもの自殺、いじめ・・・・・・・・・本当に悲惨、悲しいですね。
 子どもが生きやすい笑顔の社会は、大人たちにも生きやすい笑顔の社会であると確信します。

 「子どもたちに笑顔を、幸せな社会を」 ご一緒に声をあげましょう!。
スポンサーサイト


日記 | 13:23:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。