■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「子ども時間」って・・・・・・。
       雨に濡れて散った桜の花弁が、地面や溝から最後の輝きを放つ。でも造幣局の桜は明日から1週間見ごろのようです。春も本格到来ですね。

 
  先日の毎日新聞の記事・憂楽帳の「子ども時間」・・・・・・・・・うなづいて切り抜く。

<大阪で先日あった「日本クリニクラウン協会」設立10周年を祝う会で、真っ赤な鼻を付け、道化師に”変身”した100人の笑顔が会場に満ちていた。入院中の子どもに遊びを届けるクリニクラウン(臨床道化師)21人と元患者家族、小児科医らだ>

 * クラウンは、協会の1年間の研修を経て認定される。寄付に支えられる財政は厳しく、多くが別に仕事を持ちながらの活動だ。

 * 10年間でクラウンが交流した子は64病院で延べ約7万人に上る。そのクラウンが大切にする言葉がある。

    「すべての子どもに子ども時間を」
  病気でもその子らしい幼児期を過ごせる社会を、その思いが込められていると。

               20160407 記事_

 わたしも「難病で病院生活を続ける子どもたちを訪問する道化師」を、老後人生の一つに考えていたことがあります。学生時代、演劇や歌の趣味があったので、ひょっとして・・・・・・・・と。

 思えば退職1年前、老後何をするか真剣に悩み考えました。笑わないでくださいね。初めての公開です。
 ①パン屋さん  ②道化師  ③男性の料理教室  ④子ども図書館  ⑤フェアトレードショップ

 ①②は相当の勉強が必要、③④は自宅での運営になるので連れ合いに迷惑がかかる
 
 それなら、とフェアトレードのボランティアを体験しながら、スタディーツアーに参加してインドの生産者を訪問。 
 ⑤のフェアとレートショップに落ち着きました!!。 ありがとうございます!。
 
 それで・・・・・・この新聞の記事に・・・・・・自分で微笑みながら・・・・・うなづいて・・・・・・・。
 今日はまったく私的なことで、お付き合い頂きありがとうございます。
スポンサーサイト


日記 | 12:53:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad