■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
楽しみ、学び、の定休日でした。
  夏のような熱い日が続きます。日傘や帽子、水筒、などが欠かせませんね。暑いですが寒すぎるクーラーも怖いです。そんな夏日の定休日、楽しんで、学んで・・・・・・・とゆっくりさせていただきました。

 楽しみは久しぶりに大阪七芸劇場「つむぐもの」の鑑賞です。

 <倒れても人の手は借りたくない頑固な和紙職人と、韓国からやってきた落ちこぼれ女子。交わるはずのなかったふたりの、魂と心が通いあう>と。

 「和紙職人というモノづくり」と「落ちこぼれ女子」の設定が鑑賞したいのキーワードでした。モノづくりに命をかける頑固職人を「くたばれ」「クソジジ」と韓国語でののしりながらも、ヘルパーとして心を持って世話をする落ちこぼれ女子・・・・・・・・・。微笑みと涙でした。
          DSCF7966.jpg

 学びは「高浜原発再稼働差止め判決を受けて・・・・・原発の未来を考える」です。

 とても印象的な部分・・・・・・・・・・の思い出しです。

①3・11福島事故から5年を経てどのような変化が生まれているか。
 「原発利益共同体」には原発推進方針に揺らぎはないが、関わってきたきた関係者を総て「原発推進の人」という一色でみるのは正確ではない。4割くらいは「原発推進」に強い幻想をもっていると。

 原発安全の夢を持っている人が4割くらい、と聞いて意外と少ないのにびっくりでした!。
  具体的には
・学会を脱退した人
・原発メーカーを退職し、原発についての講演にまわっている人
・市民グループの支援や運動に参加している人(放射線量測定や技術的知識)、

②「戦争法」と原発テロの危険(内密に研究していたレポートより)。
 ドローンが日常化している今日、ドローン時代の原発テロが起こる。
 海外の人が普通の姿で入国し、ドローンを使ってテロ・殺されると。
 (先日殺されたアフガンのテロ親分もアメリカ・カリフォルニアからの無人機で殺されている)
 海外に敵を作らない外交政策が重要

③原発推進は巨大な利益の源泉
 ・独占電力会社・原発メーカー・スーパーゼネコン・鉄鋼素材メーカー・メガバンクの「原発利益共同体」は、数兆円のビジネスを担う。それ故、原発輸出と再稼働は一体不可分で、輸出先の技術者養成にも再稼働が必要になると。

            DSCF7969.jpg

* 原発・世界の三大事故は、
 ・スリーマイル事故・・・・・・・・・・・燃料デプリ134トンの取り出し完了まで10年
 ・チェルノブイリ事故・・・・・・・・・・30年後も30km圏内は居住禁止
 ・3:11福島第一原発事故・・・・10数万人の強制移住で収束の方向見えず

* 将来のエネルギーの展望、原発依存でなくても
 太陽光、太陽熱、風力、水力、木質バイオマス、潮汐、海洋温度差、地熱・・・・・・・など、持続可能なエネルギーを地域の地理的条件に応じたもので転換を。
 住民自治=地域の主人公はその地域の住民=憲法第8章「地方自治」が大事と。

 「3:11福島第一原発事故を自分の問題として考える、心を向けることが大切」の先生の報告が胸に沁みる。

 わたしのおさらい、と言うか復習にお付き合いいただきすみません。難しいでしたがとても勉強になった学習会、参加しようか、いや・・・・・と迷っていたのですが、参加して良かったでーす!。
 



 
   
  
スポンサーサイト


日記 | 14:58:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad