■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「削っていない、家に眠っている鉛筆」のご寄付をよろしくです。
 先週末、箕面市のEさんが履かなくなったジーンズと削ってない鉛筆数本を持参される。
 
 先日開催した「世界フェアトレードディ in accha」で、ケニアの子どもたちの支援をされてるshihoさんの訴えに応えてと。

    今年も募集します!! (shihoさんのホームパージより
 2016年9月にゲタスルリハビリテーションスクールに再訪問いたします。
今年も皆様に「削っていない、家に眠っている鉛筆」をいただけると幸いです。
また、今年は新しい取り組みとして
 ・履かなくなったジーンズを使って、子ども達の筆箱を150個制作
 ・千羽鶴を2つ(合計2000羽の鶴をおる)を制作します。
(数ではなく想いを集めたいので、1人1羽のみと制作とさせていただきす)


  Acchaからもお願いです!!。
 「1本でも2本でも ”削っていない、家に眠っている鉛筆” 」
                  ご寄付くださいますようよろしくお願い致します。​


            DSCF8018.jpg

    「12日は児童労働反対世界デー」と今朝の毎日新聞で紹介です。

* 世界の子ども9人に1人にあたる1億6800万人が児童労働に従事、うち約半数が兵士や人身売買を含む危険な労働をしている。
* 国内21団体でつくるネットワークの堀内光子代表は「学校に行けない子が大人になっても低賃金の職に就き、次世代の児童労働につながっている」と指摘。

* 「コストを抑えたい企業の需要がある限り児童労働はなくならない」とも。

  多国籍企業の多い先進国、わたしたち日本もその1ヶ国・・・・・・・・・悲しく虚しい気持ち・・・・・涙がでます。改めて「できることをやろう!」と言い聞かす!。
スポンサーサイト


お知らせ | 12:58:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad