■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
2月13日、14日(月、火)の日記です。
    昨日、箕面・あおのかぜさんの「冬を愉しむ会・納豆作り」に参加しました。
 
 釜と炭で大豆をコトコト煮込む、発酵させる納豆の住処となる藁の準備、大豆を入れ込む・・・・・・・・・・後は一定の温度・温かさを2~3日保っての完成と。本当に貴重な体験でした。
 昼食時、2~3日前に作られたあおのかぜさんの納豆をみんなで試食。「おいしい!」と感嘆の声です。手間暇かけた愛情たっぷりの藁、大豆、で美味しいはずですね。

           IMG_0043.jpg

 「帰宅後、朝夕2回納豆に熱いお湯を添えて(湯たんぽ式)2~3日発酵過程を愉しみながら完成」と教えていただき、早速温かくして布に巻き完成をまっているところです。

    *      *      *      *      *

 今日はバレンタインデー、今朝の毎日新聞の掲載に、高校生のこんな素敵な投稿がありました。

    「チョコに感じる命の重さ」 埼玉県上尾市・16歳のKさん

 Kさんは、フェアトレードのチョコが他より値段が高いことに驚きその背景を調べる。

<チョコの原料のカカオは、発展途上国で小さな子供たちが命がけの労働をしながら、それに見合わない賃金で生産されて
いることが多いということを知りました。そしてそうした状況を改善するためにフェアトレード運動があり、公正な価格の取引を通じて、そうした途上国の人々の生活を支援する活動をしているそうです。

 このようなことを知り、買ったチョコを食べながら、発展途上国の子どもたちを思い浮かべました。ただおいしいだけでなく、働いている小さな子どもたちの命の重さも口に広がったような気がします。>


         DSCF8717.jpg

 とてもうれしい投書・声に感激・・・・・・・高校生・Kさんに元気をいただきました。
スポンサーサイト


日記 | 12:47:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad