FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
21歳と22歳のやさしい彼女たち
   大きなランドセルを背負った「ピカピカの1年生」、黒のスーツや新しい背広を着た新入社員、そして満開の桜・・・と、さわやまな4月の風景、わたしも新鮮な思いで店を開け、1週間はじまりの月曜掃除に気合いを入れる。

    そして、午後、21歳と22歳の若い女性とお茶をする。以前にご紹介した3つアルバイトをしている彼女が、コンビニ(天六)でいっしょに働くお友達と来店される。
 「10人のバイトと、オーナー夫婦で24時間を切り回すコンビニは、時給800円。おばちゃん(オーナー)がとても良い人で、常連のお客さんも含めて楽しい働き場所になっている。しかし、時間にルーズなバイト仲間がいたり、本部のやり方がきついので、おばちゃん達は大変苦労されている。賞味期限切れ商品は、カギがかかっている捨て場に放すことを本部から義務づけられている。おばちゃんたちは決して儲けてない。私たちに、食べたり飲んだり進めてくれるので断っている」など、とても思いやりのある彼女たち。
 3つバイトをしている彼女は、将来「カレー屋さん」を開きたい。もう一人の彼女は、絵を書いたり、物を作ることが好きで(ヘンプ糸を購入される)、専門学校も出ているので、自分は何の仕事について人生を歩むのか模索中と言う。
 実家のご両親は、「いつ正職員になるのか」とうるさい。実家にはあまり戻りたくない・・・と。
                                            
  夢を持ちながら、真剣に働き続ける若い彼女たち!。フェアトレードの食品たちがとても美味しく、先日購入されたザータルは、お友達のプレゼントに使ったと言う。
 「カレー屋さんは、10年内を目標に」と、言うので、「おばちゃん生きてるかなー。食べに行くわね」と笑い合う。 
 ご両親の気持ちもよくわかる。が、目標に向かって羽ばたく彼女たちを応援したい!。       

 

 
スポンサーサイト





日記 | 17:08:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する