FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
南米ボリビアのアマゾンから
 今日は、南米ボリビアのフェアトレード商品・アクセサリーをご紹介しよう。箕面市の河田菜ちゃんは、ボリビアのルレナバケの町で、「ボリビア・アマゾンの自然と人の和をから生まれた手作り自然民芸品の店『La Cambita』」を営業されている。高校卒業後イギリスへ留学、その後海外協力隊の活動から、ボリビアの地に熱い想いを抱き、生産者と手を携えながら、念願であった現地に店を開く。いよいよ日本も視野に入れた、商品市場の開拓と、一昨日来店される。約1年ほど前に来店され、話されていた抱負が、着実に推し進められている。まだ20代の若さ!。その情熱・バイタリティーはすごい!
 商品は全て、やしの木の葉っぱや、実、種などで作られたものばかり。素朴で、かつとても可愛い!
      20070427120859.jpg20070427120918.jpg

    ルレナバケの町は、南米ボリビアのアマゾンの入り口で、川と山に囲まれたジャングルにある。そこに暮らす人々は、豊かな自然を壊さず巧く自分たちの生活に取り入れ、現在でではそこから更に自然を使った民芸品づくりへと発展してきている。
 「La Cambita」では、町の付近に住む14集落、約80人の生産者と直の関係を築き、さまざまな民芸品の生産、販売活動を行っている。
 また、経済的に助けるだけでなく、つくること以外でも女性たちの協同活動が始められ、社会的にも女性たちの自立に繋がっている。
 
   菜っちゃんは、「経済のグローバル化、自由化にともなって、多国籍企業同士の競争で、次々と工場で大量生産される商品たち。どうしたら、そんな激安の価格で商品を売れるのか。どこから資源を得て、誰に作らせているのか。よくよく考えてみたら、恐ろしくなっちゃいませんか?。経済力の弱いヨソの国の資源を、めいっぱい使い、現地の人々を低賃金でマンパワーとして厳しい労働に使ったりしているわけで、環境破壊、文化破壊、人権破壊の行為です」と、HPで「自然と」と「人」の和が創るフェアトレードを語っている。

  「これ安すぎるんとちがう?、こんなんで大丈夫?」と、アチャでは今日もうれしい声をお客様からいただく。もちろん「少し高いわね」の声も時々ある。そのときは、フェアトレードの説明を、やさしくさせてもらう。
 「安いモノにはワケがある・・・」、少しづつ広がっていますね。
スポンサーサイト





日記 | 18:08:27 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
阿字地さん、こんなに丁寧に私たちの活動紹介をしていただけて、すっごく嬉しいです!
こうやって地域の小さな草の根の活動から人の和が広がっていくのは本当に楽しい♪

二週間後にはまたボリビアです。地球の一角ボリビアアマゾンの小さな村から日本へ、世界へ、人の手によるエコでフェアな物を発信していきたいです。
2007-04-27 金 22:28:31 | URL | かわたなつみ [編集]
=菜ちゃん=

  大きなフェアトレード団体も、はじめは全国行脚からと聞きます。若いバイタリティーある貴女なら、ここまで来てるんだから、きっと発展すると思います。フェアトレードは市民権を得てきましたが(特にヨーロッパではすごいですね)、何よりも生産者とともに歩む事、そして日本も含め格差をなくしていく社会参加の活動が大切だと思ってます。
 がんばりましょうね。
2007-04-28 土 11:41:30 | URL | アチャ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する