FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
価格改定のビックイシュー81号
   10月の最週月曜の朝、JR天満駅で「ビックイシュー81号」を購入。いつもの通り200円を出すと、「300円なんです。200円が良ければ、こちらを」と、遠慮そうに古い方を差し出され、300円で新しい号を買う。開けば、「5年目のお願い もっと社会のセーフネットになりたい」として、81号からの価格改定の説明が。
  
 20071029130045.jpg20071029130105.jpg20071029130124.jpg

 <この4年間で、669人が販売者に登録、58人が自立し、219万冊を販売、ホームレスの人々に2億4090万円の収入を提供。「100%失敗する」と、専門家から言われながらも、ホームレスの人々をビジネスパートナーにする、新しい社会的企業の仕組みを社会に提案し続けることができた。この9月からは、非営利団体ビックイシュウー基金を発足させ、市民がサポートする「敗者復活」市民応援事業の提案で、ホームレスの自立と社会復帰をサポートすると。この4年間「失敗はしなかったけど、成功はしてない」と>
 4ページ増で、販売者に1冊160円、50円の収入増  になるなど、自立と社会復帰へのおも入れはすごく、頭が下がる。

  今月の人、販売者のMさんは、「一番嬉しいのは自分のお金で食べられるようになったこと」として、1日10冊平均、多いときで30冊と言う。
 今朝もそうだったが、販売者のみなさんは、心を込めて丁寧に、いっしょうけんめい販売されている。本そのものはもちろんだが、わたしはその「一生懸命さを買う」。そして格差社会をつくりながら、「敗者復活」サポートに背をむけ、その人たちからも消費税という税金をとり、今また値上げしようとする国のあり方に怒る。 

  81号の広告1ページには、途上国の自立支援でがんばるフェアトレード・ピープルツリーの紹介も掲載されている。
 「自立」とは「雇用の安定」が不可欠!、モノを作る、売る、買う・・・と共通する自立へのサポート、わたしもフェアトレードでがんばろう。
  

 
スポンサーサイト





日記 | 15:25:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する