FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
花粉症の対策?・・・・
   春の日ざしが差し込む、さわやかな火曜日、わたしには今日から一週間がはじめるようで気合いを入れる。掃除も終わり、どかっと入荷した重曹など、石けん類(天然油脂の原料)をかたつける。重くて場所をとる石けんはとりわけ気合いが・・・。「並べるところがない!、かたつける場所がない!」と、嘆きたいとき、いつも店にお手伝いに来て下さる、ご近所の久子さんの言葉を思い出す。「狭いは狭いなりに工夫してかたつけるの。広ければ、あれも欲しい、これも欲しいと、在庫をいっぱい抱えるでしょ」と・・・・。今日も見事、「全部おさまったぁー!」と一人で歓声をあげる。人生の先輩にいつも教えられ、励まされる。
                                               
  ここ最近ふしぎなことがある。と言ってもわたし事で・・・わたしは花粉症なので、今頃は一番大変な時期になる。ところが今年は大変ではないのだ!。2月の中旬に予防のため耳鼻科へ行き、2週間の薬と目薬をもらう。薬は朝晩、目薬は1日数回の指示を受ける。店をしていると、なかなか医者に行かれないので、薬をけちって朝1回に減らす。時には忘れて呑まない日もあり、薬はまだ相当残っている。今日の花粉状況を見ても、大阪は非常に多いと。
 
   そこで、自分なりの分析をする。
 店をする前と現在の違い・・・・それは食べ物が違うよう。 わたしはお豆腐、とりわけ冷や奴がすきなので、ここ1~2年、毎晩ご近所の手作り豆腐に、ネギをたっぷりのせてたべる。ネギも京野菜の九条ネギが多く、のせると言うより、ネギと豆腐を食べると。お好み焼き、焼きそばにもたっぷりのネギ。下仁田ネギは、お肉やタラのお魚と煮付けて食べる。つまりネギをよく食べるようになる。
 併せて、同じ仲間のタマネギもよく食べる。新のタマネギが出る時期は、毎晩タマネギをスライスしてかつお醤油か、サラダで食べる。この頃は毎晩ではないが、水にさらして食べる。
 
   そこで、ネギの役割を調べてみる 
 ネギには古くから薬効成分が含まれている植物と知られている。痰や鼻水を押さえる作用があるようで、風邪をひいたと時にネギをくるんだ手ぬぐいやガーゼなどを首に巻くという有名な民間療法がある。
 タマネギの涙の原因となっている、硫化アリルという成分は、血液中の脂質の量を減らす働きがあり、薬効をもつ重要な物質。淡路が一番で、育成日数、通常栽培期間は4ヶ月だが、淡路島では半年もの日数をかけてじっくり栽培する。
 どちらもユリ科・ネギ属で、皮膚や粘膜、髪、目の働きを正常に保ち、ガンの予防、治療などの効用もある。

     百科事典を調べ、確証までいかないが、なんとなく確信する。京野菜のネギ、淡路島のタマネギ、しかも有機栽培、そして上等のお豆腐と、相当贅沢のようだが、そんなに高いものではない。かつデラックスな料理とは言えない。でも、近くで手に入るわたしには、最高の贅沢になる。
 近くで手に入る・・・が、この商店街の醍醐味。
 お客様も含め、花粉症で泣いている方は相当に多い。今年のわたしは嘘のようで申し訳ない。
 
 この食べ物が原因で、楽になったのかわからず(後は毎朝飲むヨーグルトですが)、食べ物で直れば医者はいらなくなるし・・・、どうなんだろうなぁーと、一人考える。が、美味しくて、かつ体に良いと言うなら、これからも毎日続けようと思うこの頃です。
 

 
 
スポンサーサイト





日記 | 16:34:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する