FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
600人の行列
  ─☆─ 以前、アチャのイベントに講演をいただいた、ネパールのタラさんのこと、ご存知でしょうか。ご自分の出身の村に学校を建設され、次に無医村ということで「診療所の建設」と、奔走されてらっしゃいました。ついに診療開始!!!と、うれしいニュースを、応援世話人代表の上田さんからいただきました。とても感動的なので、その一部を抜粋してのご紹介です。

            600人の行列  
   5月15日(木)はソロンブ診療所の記念すべき診療開始日でした。建物はまだ半分も出来上がっていないのですが、1階の屋根ができ、雨や日差しをしのげる段階になったところでの開始となりました。

屋根には赤レンガ、周辺にも建設用の石や砂が積まれた状態です。内装も未完成で、トイレはタイル貼りの途中、手術室は水も出ません。
薬局にはまだ薬棚もなく、ガラスの入っていない窓、カーテンもしきりもないむき出しの診察室。机や手術台などの備品は仮のもの。

前日に、トラックに積んだ血圧計、メスなどの医療用具や薬やベッドなどと一緒に、医者たちが現地入りしており、医者を目指す45名の若い学生たちも手伝いに集まって来ました。

この学生たちは、この数ヶ月間、グループに分かれて周辺の村に泊りながら,村人の病気の状況や生活環境を調査し病院の宣伝をしたのです。

そして診療初日、何と600人もの患者が集まってきました!

患者は朝の6時ごろから待ち始め、診療開始後には行列が道の向こうまでずっと続きました。

歯科、眼科、外科、内科、耳鼻科、婦人科、それぞれの分野で医師たちが休みなく夕刻まで診察を続けました。

患者は、遠くからは6時間かけて山をいくつも越えて、徒歩でやってきました。裸足の人もいます。顔から血を出し、父親にに背負われて運ばれた少年もいました。赤ん坊もお年寄りも妊婦も来ました。みんながこの日を待ち望んでくれたのでした。

現地から電話で報告があり、タラは感動で泣いてしまいました。

「諦めずにこれまで頑張ってきてよかった。みなさんのおかげで、ここまでたどり着いた。嬉しい!」そんな気持ちでした。

これからも建物の完成を目指して活動していきます。そして医者の派遣費用、常駐看護士、薬剤師などの給料を当分の間工面していきます。病人運搬用の四輪駆動車を手に入れるのも目下の目標です。

これからも温かい目で見守ってください。・・・・・・・・・・・・
 
   ネパールと言えば、28日の深夜、制憲議会が240年の王制を廃止し、連邦共和国に移行する宣言が可決。首都カトマンズでは、27日の前夜祭、28日は早朝から深夜まで、議会周辺に市民が繰り出し、「共和国宣言」を見守り、喜び祝う歓声が鳴り響いていると。

 数十日かけて、首都までたどりつく、ネパールの山村に光があたるまで、まだまだ道のりは険しいとは言え、民族、文化を大切にする第一歩が、民衆の力で作られていくことは、とてもとてもうれしい!!。
 ソロンブ診療所の開所と合わせて、明るい一歩が感じられる。

  
スポンサーサイト





日記 | 12:08:42 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-05-31 土 22:01:10 | | [編集]
タラさんのHPです。

http://yousworld.com/tara/
2008-05-31 土 22:03:15 | URL | えみ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する