FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
暖かい余韻が店内を、わたしを包む
  ここ数日、3周年イベントの暖かい余韻が店内を、わたしを包む。暖かいメールや声を2~3ご紹介します。

   3周年イベント、お疲れ様でした!ほんとに大盛況でよかったですね。
 ☆ アチャとフェアトレードの魅力はもちろん、サポーターやあの商店街のお客さんあっての3年目なんだな~って肌で感じました!お互いなくてはならない存在なんでしょうね☆年に一回しか行かない私でもそう思うんだから、きっと皆はもっと強く感じてるんだろうなと思います。
 少ししかお話できずに残念でしたが、充分楽しみました(^-^)。今から5月(世界フェアトレド・デー)が待ち遠しいです!
クリスマスシーズンで益々忙しいと思いますが、頑張りすぎずに頑張って下さいね! ではでは
                                                      ちぃ 
(東京からいつも来てくれる、インドスタディーツアーでご一緒した仲間です。当時は彼女が大学四回生、わたしは60代に入ったばかり、ツアーでは最高齢のお叔母さんでした)

    我が家は早速ボディクレイのファンになりそうです。まず、ワークショップで作ったクリームから始まり、お土産のサンプル、そして購入したねんどのクリーム、どれも肌に
なじんで、「あっ本物だ、これはいける」と思いました。何しろとても商売上手とは言えない、あのワークショップを体験して、この人たちは信用できるなぁ、とほほえましく見ていたのです。飾りっ気のない、さっぱりした若い社員さんと商売べたの経営者(?)(ねんどのおじさんです)の組み合わせが、いい味わいを醸し出していました。 N・F (ペアで来ていただいたお友達の奥さんです)

  そして今朝、  「わたし、足がかゆくて、いつもかきむしり大変だったの。その事情を話してボディクレイさんからあの日こっそりいただいた、粘土のスキンミルク(トラブル肌用)をつけたら、カユミがおさまって・・・・、すごいわねぇー!!。ほんとにすごい!。今日はその本体を買いにきたの」と、先日、東淀川区からイベントに参加していただいた方が来店される。
 彼女は、長く体調を崩されていたので、イベントに見えられたときはびっくり。でも、「娘から、アチャのチラシを送ってきたので、思い切って来たの」の言葉に、「良かったぁ!、とてもうれしいわ!」と、思わず握手をした。「わたしの病気のために、親にも娘にも苦労をかけてる」と、いつもご自分の病気を責めておられた。明るいお顔に、本当にうれしかった。   
                                      
 
   そして、イベント当日の夕方、店へ戻ったときのわたしのうれしい微笑みを2つ・・・・・・・・・・・・。
  イベントの会場に見えられてたお客様同士が、既にお友達となって話し合い、Tさんのお洋服探しを数人がお手伝いされている風景
  閉店前に豊中市から来店されたお客様。先日もいろいろ可愛い雑貨を飼って下さる。「どれを人にあげてもみんな喜んでくれるの。あすは広島に行くので、お土産にと寄ったの。ここの商品は、今の時代に求められるものが置いてる。それは、温もり、暖かさなのよ」と、ノクシカタや草木染めの雑貨たちを連れて帰られる。生産者のみなさんの手作り商品・フェアトレード商品が、多くの人たちの心をほっこりさせていること、その商品を販売できることに、イベントの成功と合わせ、しみじみ喜びを感じる日であった。
 


スポンサーサイト





日記 | 17:31:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する