FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
心温まるプレゼント
  明日への社会が不透明な今年の師走・・・・、なんとなく寂しくなりがち・・・・。でも、お客様は元気です!。お世話になった人へのプレゼントやクリスマスのプレゼントを求めて、アチャにお顔を見せて下さる。
                                          
  昨年に引き続き、クリスマスプレゼントとして注文をいただいていた「指人形」を、ご近所の教会・牧師さんの奥さんが取りにみえられる。と言ってもいっしょに24個のラッピングをしていただく。彼女は、フェアトレードを一人でも多くの人に広めようと、クリスマス行事を運営する方々に、見本を見せたり、写真を撮るなどいろいろ工夫しながら、みなさんの承諾をとって注文して下さる。 

 ラッピングをしながら
「世の中どうなるんでしょう。自動車関連の企業なんてひどいじゃない?。教会にも悩みが寄せられるの・・・・、途上国支援などますます厳しくなるじゃないぃ!。わたしたち、バザーなどの収入は全部支援にまわしてるの。自分たちが大変になっても、関係なく支援するのよ」と、話される。
 毎日曜日の礼拝に始まり、教会の様々な取り組み、そして救いを求める人たちへのアドバイスなど、今日の社会における教会の仕事、中でも牧師さんを支える彼女の重要な役割を改めて理解する。
 「わたし・・・・、ここへ来てほっとしてるのよ!。今日も良い買いものさせてもらって・・・・」と、24個のプレゼントと、ご主人への自分への可愛いプレゼントを連れて帰られる。

  そして、夕方「おいしいネパールカレーをプレゼントしたい」と、18個のお買い求めをいただく。わたしはとんでもない失敗をする。1個づつ入れる小袋を20枚出しておきながら、お渡しするのを忘れてしまう。「申し訳ありません!」と、ただただ心で誤る。おっちょこちょいのわたしは、何か失敗に出くわす。「同じ失敗を繰り返すな!」と、肝に銘じる。済みませんでした!!。
   
    0801220 002 0801220 008

  閉店前に、「500円で何かないですかぁー、お友達とプレゼント交換するの」と、4年生のお嬢さんがお母さんと来店される。一緒に探しながら、商品や生産国の説明をお嬢さんに聞かす。バングラディシュで作られたジュートのてんとむしのキーケース(450円)を、大事そうに連れて帰られる。

   
 「可愛い!!と、思わず自転車をとめました。これからお友達に会うので・・・・」と、オーナメントを。
 「さわりたくなる商品ってすてきですね」と、若い男性。 
 「孫にプレゼントを」と若いおばあちゃん。
 「わたしは遠くて親をなかなか見れないので、いつも顔をだしてくれる弟の家族に」と、弟さん夫妻とその子どもたちへのプレゼント。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 今日も、フェアトレード商品のプレゼントが、アチャからあの人、この人・・・に引き取られていく。お客様と一緒に、楽しい商品選びに参加できるわたしも幸せ感をいただく。
  
 フェアトレードを、商品を愛しむ人たちの手により、フェアトレードが広がる。感謝、感謝。

 


 
スポンサーサイト





アチャのお客様 | 18:15:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する