FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
誕生日のうれしい思いで
  日のたつのが早い!、明日から新緑の5月、フェアトレード月間の5月を迎える。厳しい経済・社会だから、より力を入れてがんばろう。
   昨日はわたしの65歳の誕生日、お客様から温かーい想い=プレゼントをいただく。

  「しばらくのぞいていなかったので、何かないかなぁと、古本屋へ行く前に寄りました」と、優しい男性の来店。彼曰く、「この界隈の古本屋さんはすごい本が揃っているんです」と。
メンズの商品は、レディースほど品揃えはないのですが、真剣に選び、試着もされ、「ピッタリですわ!」と5点を決められる。
 「前の魚の模様のシャツもよく着ました。友達からも誉められて・・・・、どこで買ったのかと聞いてました」と。そして店を出られるとき、笑顔で「今年の夏はフェアトレードの洋服で過ごします」と、ほんわかすることばをいただく。 ありがとうございました。
 
  次は、またまた優しい男性・・・・、秋田県の大学を卒業し、この春から近く天満橋界隈で働く、社会人1年生のNさん。大学時代にフェアトレードの活動をされ、現在衛生面からの途上国の問題に関心をもたれてる。
 「5/17の世界フェアトレードデー in Acchaに、お友達を誘って行こう」と、計画中だがそのお友達はフェアトレードのことを知らないので、断られるかもしれないと。その時は一人で午後の部に参加する予定だと話される。そして「働くと、フェアトレードのボランティア活動になかなか関われないが、少しでもできることを・・・」と、うれしいことばをいただき、アチャのアドレスに登録される。宜しくお願い致しまーす。

         ・・・・・・・・        
  ご近所で働く女性のお2人さんが閉店前に来店される。「これから職場の人のお誕生会なので、何か記念品を」と。そして「いつも前を通るんだけど、なかなか入りにくくて・・・・・、奧にもいろいろ有るんだ-」と、いろんな商品に目をぱちくり。プレゼントを忘れて、ご自分の品定めに入り、「あっ!、これはいけない!」と、プレゼント品を決め、ご自分のご褒美も連れて帰ると。
 「布ナフキンをはじめ、気になる子がたくさんいるので、またゆっくり来ますね」と、飲み物を買った袋を持って急いで帰られる。
  閉塞感が漂う今日、誕生祝いをする暖かい職場の人間関係、そして「またゆっくり来る」との嬉しいことばをいただき、ほっこりしながら店を閉める。

   わたしも、老いを重ねるも自分の誕生日にご褒美を・・・・と、昨日入荷した「ペルーのマラカスペア」を持ち帰り、部屋にかざる。マラカスは音を楽しむ楽器だが、模様がなんとも言えずすてきで一目惚れ
する。
                     090430 第3・マラカス 003
  「アンデス地方で先祖代々から受け継がれている民族音楽フォルクローレでは、ヒョウタンや葦、豆など、天然素材を使った楽器が使われています」の説明。

  軽やかな音、ヒョウタンのやさしさ、模様、色、そしてペルーの生産者への想い・・・・に、わたしははまり癒やされる。思いで深い誕生日、フェアトレードショップを続けられる元気な65歳の誕生日に感謝する。
  
スポンサーサイト





アチャのお客様 | 18:32:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する