FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
東アフリカの伝統音楽
 昨日、姉と妹が来たので、私は2人に留守と雑務を任せ、大阪の「おしゃれな若者の街」として有名な、堀江をウロウロしながら、若干の仕入れも兼ねてエスニック・インテリア&フェアトレードのシサム工房へ行く。
 シサム工房は、アジアやアフリカなどの途上国で、商品メーカーとしても奮闘され、その地域活動を支援する人達とも連携されている。

 その一つ、東アフリカ支援となる、「東アフリカの伝統音楽・ドゥルマ、ディゴ、ラバイ」のCDを購入する。
                          ドゥルマ、ディゴ、ラバイは、伝統文化を守り、深い知恵と自然への敬意を、継承し続けながら生きる、ケニアの東海岸に居住する人々のこと。豊かな実りを感謝し、生命を謳歌し、自然界の力を賛美するため、村人たちは、歌い、踊り、タイコを叩いて、深遠な世界との一体感を得る。
 村の多くは、自給自足の小規模農業や漁業に従事しているが、現金収入の道がない。経済的発展を目指すケニア政府は、子どもたちに学校教育を受けさせることを盛んに奨励しているが、その費用が捻出出来ない。自然環境も「開発」を名目に破壊され、時代の変化の中で村は困窮してくる。
 その中で、伝統文化をあきらめない、村の長老・伝統音楽の巨匠スワレ・マテラ・マサイ氏を中心に、日本のミュージシャンやライター、そして200名を超える音楽家の参加によってCDに制作化された。現地に収入がもたらされると同時に、文化を守り発展させていく活
動を目的としている。

 私は1曲目(全体で9曲)の「チェラ」が好き。 「チェラ」は、瓢箪からできたシェカのことで、結婚式や婚資の際に演奏されるラバイの伝統音楽。老若男女、誰にでも歌って踊れるメロディーに、リズムをとるチェラ(シェカ)の軽やかな響きが、体を自然に踊りに引き込む。      
 
 音楽を聴きながら、現地の人々の暮らしを・・・そしてアフリカの生産者のことを想って、お客様を待つ。



 
 

 
 

 
 
 

 

 
スポンサーサイト





日記 | 16:26:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する