FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「伝統文化と職人さん展」
  昨日の定休日、いつも冷暖房でお世話になるクーラーのお掃除を、業者さんにお願いする。これで数年がんばってもらおう。「この年末は、掃除いっかなぁっ」と、楽を考える(笑)。
 
 業者さんが帰られると同時に、わたしも店を閉め、近くで開催されている(北区役所)「北区の伝統文化と職人さん展」を鑑賞。
     
 「わたしたちのまち北区は、伝統文化や職人技が古くから引き継がれ、それが今も静かに息づくまちです。
 職人さんの心意気や細やかな技を多くの人に伝えるため・・・・・・・・・・・・・・・・」。
 展示会では、職人さんの作品・道具の展示や、実演会、体験学習、職人さんのお話など、日を変えて紹介されると。
 作品や道具の展示と、紹介されてるすべての職人さんの技・歴史などの映像に、まったり・ほっこりのさわやかな気持ちをいただく。そして、ご近所で頑張られている業者・職人のみなさんの、伝統文化に誇りをもって説明されている姿に熱いものがこみ上げる。

  天満界隈は、大阪のガラス発祥の地。「天満切子」は、かつてのガラスのまちの復興への願いを込めて命名された。
  安政年間から150年、提灯は日本文化のシンボル。祭りや仏事だけではなく、最近では、心癒されるおしゃれな灯りとしても再評価が・・・・・・。
  明治4年創業の歴史ある金網加工の五代目さん。パスタ屋さんで、料亭で、そして先端の研究所でオーダーメイドの金網やふるいが活躍。
  「たんすの神様」とよばれた先代の技は、さらに次世代へと継がれようと。たんすは、産地・時代・造り手を語る。だからこそ、全ての部分に「筋」を通さなあかん、と。 
 
***** たんす技職人の娘さんは、アチャのお客様です。草木染めのお洋服を奇麗に着こなされ、手づくりものに深い感動をしめされます。モノづくりの血が呼んでくださるのでしょうか。また、この工房では、アチャのお客様も食器棚など、家具の修理をおまかせしてると聞いてます。モノを大切に使うことが教えられます。

  大阪天満宮の南側、かつて鳥居が立っていた通りに面するお味噌屋さんは、江戸時代から続く老舗の名店。長期天然熟成によって醸し出される旨味と香りは、料亭や家庭に熱烈なファンを増やし続けるオンリーワンの味。

        と、13のすばらしい伝統文化・職人さんが紹介されている。その中で、仏壇・仏具の仏壇店が、昨年7月に閉店されたの印字に寂しく残念な思いをいだく。

 15席ほどの来客者席に鑑賞者はわたし一人だったので、区の職員さんがアンケート用紙を差しだされる。「展示を見て、すでに書いて箱に投函しました。映像も見てから書いたら良かったです」と、付け加える。

  <すばらしい伝統・職人文化、このものづくりを大切にする社会であってほしい。職人さんが途絶えないよう、行政の援助を切望する> と、アンケートの最後に書いている。

 
 日本のモノづくりの文化が途絶えては、駄目だとおもう。安けりゃ良い、儲かれば良いの効率が優先するなら、人間社会は壊れてしまうのではないだろうか。
 手作りをしてがんばる、フェアトレードの生産者のみなさんと共通するところがある。その国の自然素材というホンマモンの原材料・素材で、自分の分身のように思いを込めてつくる。
 各国の伝統文化・職人さんを大切にする社会に光をあててほしい・・・・・・・。わたしたち消費者も、ホンマモンを見抜く目をもとう。
スポンサーサイト





日記 | 17:28:11 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
ありがとうございました
こんばんは。
チョコレートを食べ過ぎの、箪笥職人の娘です。

我が家の家業のこと、そして私のことをブログでご紹介いただきありがとうございました。
また、acchaさんのお客様がうちへもお仕事をくださっているとのこと、この場をお借りしてお礼申し上げます。

私は職人のDNAを受け継がなかったらしく(笑)、とても不器用なので、手作りのものを見ると「すごいなぁ~」と感動してしまいます。
また、見る人を「すごいなぁ~」と思わせる仕事をする職人さん、フェアトレードの生産者の方がうらやましいなと思います。

袖にレース編みがついた草木染めブラウスは、verdaのカタログを毎晩毎晩見て決めました。
この秋のお気に入りです。

素敵な商品と阿字地さんに会いたくて、つい行ってしまうお店。acchaさん。
これからもよろしくお願いいたします。
2009-10-21 水 00:18:19 | URL | 箪笥職人の娘 [編集]
=箪笥職人の娘さん =
 こちらこそいつもありがとうございます。そしてその展示会は、お宅のウインドウの案内で知りました。また、acchaは4年目ですから、伝統ある貴工房のお客様が当店のお客様であると・・・・・・、ありがとうございます。「何処で修理をした、する」が、時々話題になります。ものを大切にするお客様が多いですね。わたしは振り返れば、これまで共働きでいい加減でした。店をして、生産者のみなさんやお客様からいろいろ教えていただいてる次第です。
 歴史・伝統深いこの町は良いですね。くらしの上でもとても気に行ってます。お買いものがなくても遊びに来られる店、コミュニティーを大切にする店づくりを念願してます。いつでもお越しくださいね。
 コメントありがとうございました。
2009-10-21 水 10:35:19 | URL | 阿字地 千佳子 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する