FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
子どもは生きていることが楽しい
  今日20日は、イラク戦争開始から3年。日本を始め、世界各地で反戦デモや集会が開かれている。
 イラクでは、多くの子どもが殺され、ケガを負い、そして親も殺された孤児がたくさんいる。一瞬のうちに膨大な犠牲を生み出す戦争は本当に嫌だ。
 アチャでも、「イラクから自衛隊の撤退を求める」署名用紙を置き、子どもたちへの平和の支援を発信している。
                           

 「子どもは、生きているそのこと事態が楽しい」と言う。小さな孫を見ているとそのことを実感する。眠くても寝ることが嫌で、いつまでも起きて遊んでいたい。起きていること、生きていることが楽しいのだ。

 先日アチャに、ご近所の子どもづれの若いお母さんが来店。3歳の女の子は、私が声をかけても恥ずかしくて、お母さんにくっついていた。
 お母さんは、春のお洋服を探している。子ども連れでも、お買い物がゆっくり出来るよう、孫に好評だった絵本を4冊、店にあるのでそれを全部呼んであげる。と、段々気持ちがほぐれて、「おばちゃん、かくれんぼしよう」までになる。うれしくなる、が狭い店で思い切り遊べなかった。
 2~3日して、その女の子がニコニコして入り口に立っている。「子どもが此処に入ろって言うんですよ」と、お母さんが後から笑ってこられた。
 
 「子どもは、毎日生きていることが楽しいのだ」と、イラク戦争3年目の今日、改めて平和の大切さを思う。     

 


 
スポンサーサイト





日記 | 16:01:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する