FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
みんな一生懸命の毎日
 今日から新緑の5月!、世界フェアトレード月間!、アチャのネパール報告会、そして1日今日は働くものの祭典・メーデーの日!。いろんな意味で5月もがんばるぞぉー!!と勇気と元気が湧く。
 
 それにしても今年のメーデーは祭典なんてのんびりしたものではない!。若者が、中小業者が、年寄りが、自活できるかどうかの瀬戸際に来ているように感じる。3つのバイトをかけもちしているAさんの時給は800円、食うてチョン!、貯金なんてとんでもなく、欲しいものはガマンガマンの暮らし。カメラマンのお客様は、不況で仕事を辞めざるをえず、今は次の仕事探し。家具製造店で働いておられた彼女は、とうとうこの7月、故郷の四国に帰られる。ご近所の電気屋さんがこの7月ごろ店を閉められる。元気だと言われるこの商店街も、入れ替わり内装工事屋さんが入り、次々とお店が変わっていく。
 「憲法25条の生存権」、「憲法9条の戦争の放棄」の大切さを、今年はとりわけ声を大にして叫びたい!!

 朝からご近所の淳子さんが見えられる。彼女のお仕事はグラフテックデザイナーさん、「大きな会社は、休み前に仕事を出して休み中に仕上げて下さいなんよ、会社なら休日手当出さなあかんやろ。わたしらも休日手当欲しいと言いたいわ」と。ほんとにそうですね。
 「わたしを待ってた子、引きとって行くわね」と、お洋服や食品を連れて帰られる。

 昨日、久しぶりに都島区から「ノクシカタ大好きの」彼女が来店される。「祖母が亡くなり、主人が骨折で動けず、しばらく大変だったの。やっと祖母の49日も終わって、主人も自分で歩けるようになって。久しぶりぃー、来たかったわ!。此処へ来たらシンショつぶすけど・・・、でも今日はいいっかぁー」と、愛しく商品と話される。「この子がほしかったんだけど、この子も良いわね。ごめんなさい、銀行に走ってくるわ」と、銀行へ走って戻られる。

 都島の彼女が見えられる少し前に、生野区からkさんがやはり「久しぶり」(4ケ月余)と来店される。彼女もお母さんのお世話をしながらの毎日。この間、親戚の方が次々亡くなられたり、病気のお見舞いで大変だったと介護などの深刻さを話される。 そして、カタログのチェック商品や気になる商品たちを探される。

 お客様たちとご一緒に、お互いのこの間の近況を交流する。もちろんネパール訪問話にも花が咲く。

「久しぶりぃー」と言いながら、どんなに日にちが空いても、フェアトレードの商品をこよなく愛して下さる彼女たちの温かい熱い思いが伝わる。店内で選ばれたどの子も、商品を愛しく思ってくださるお宅に嫁入りする幸せもの。

 思いで多い4月の最終日、たくさんのお客様との出会いをいただき締めくくることができたことに感謝の念を抱く。
 みなさまありがとうございます。

                   2010_0430よっちゃん 花0001


 


スポンサーサイト





アチャのお客様 | 11:54:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する