FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ネパールの状況
  5月は各地で世界フェアトレードデーの様々なイベントが行われている。東京で開催されたピープル・ツリーのイベントに招かれた生産者・パートナー団体「タナパラ・スワローズ」代表の方(男性)が、昨夕アチャに見えられる。少し予定の時間が遅れたにもかかわらず、夕方見えられたお客様が「お会いしたい」と待って下さり、店を閉めてからお話する。
 スワローズは、バングラディシュ北西部のタナパラ村にあるフェアトレード団体で、現在250名を超える女性のみなさんが、糸の染色、織り、縫製、刺しゅうなどの手作業をされている。商品は、日本に80%、ヨーロッパに20%の割合だが、世界的な不況の中で全体に発注が厳しくなっていると。マネキンのお姉さんのスワローズで作られた「サロペット」に微笑まれながら、「たくさん売れてほしいです」と。わざわざ訪問いただきありがとうございます。

     2010_0512スワローズ0003  2010_0513スワローズ0002

  ネパーリ・バザーロから、ネパールの近況報告が一昨日届きました(5月2日から8日のネパールにおけるバンダ・ストライキ)。

  ネパールの状況をお店の皆様と共有したく、以下、5月6日、
バンダの最中にスタッフ間で共有した、代表のメールを添付しています。
    
    日本のメディアでは扱いませんが、マオイストによる全国バンダで
    人々の生活が追い詰められ、5日が経ちました。

    これまでのバンダならバイクや自転車は通行できましたが、
    今回はそれも許されませんでした。

    しかも、店や事務所、個人宅を軒並み回って寄付を強要しています。

    日中2時間くらい外出が許され、人々は食料品などの買い出しに向かいますが、
    物価は恐ろしく跳ね上がっています。備蓄したくても連日30度を超す暑い季節
    で傷んでしまうので大量にはできません。

    マオイストが辞任を要求しているネパール首相はインドの強力な後ろ盾を得て、
    一向に辞任する様子はありません。

    地方から首都に呼び寄せられたマオイストや農民たち
    (中には人数合わせのため、何も知らず連れてこられた人もいるようです)
    は学校の校舎や大きな建物などに滞在しているようです。

    学校を占拠された生徒、学生たちは学校に行けず、
    卒業試験を控えた子どもたちは不安な中で暮らしています。

    メーデーに全国から集まったマオイストは30万とも50万とも言われますが、
    その後の街頭運動のために首都に残っている3万人近くの党員や農民たちの
    食事代など毎日莫大な経費がかかるはずです。

    仮に一人一日一ドル(約70ルピー)として、毎日3万ドルが必要です。
    そのための寄付の強要ですが、金銭的に長期間耐えられるはずがありません。
    (トマトが1キロ100ルピーもするそうです!)

    日が経つほどマオイストにとって不利になると思います。
    どこかでその劣勢を一挙に跳ね返すのか。
    いつ何が起こるのか、皆、毎日怯えて暮らしています。

    ネパールからのメールや電話から伝わってくる状況は
    これまで知っている中で最悪でした。

    シリンゲのコーヒーの有機証明取得もあと少しのところまできていました。

    完二さんが必要書類をつくるため、NASAAとの膨大なメールのやりとりをして
    書類審査を通り、今月中旬、やっと検査官が現地訪問をすることになった
    矢先でした。

    マハグティもマヌシもコットンクラフトも、他のところも製品を作れず、
    作ってあったものも、運べないため出荷できません。

    どこも以前なら、歩ける人は出てきて、戸を閉めてこっそり仕事をしていました
    が、今回は見つかって襲撃されたところもあったので、皆、諦めました。

    電気を使うと、灯りや発電機の音で仕事をしているのが分かってしまうので、
    仕事にもなりません。

    いつまで続くのか。
    今回の事態は一旦終結しても、また直ぐに同様な問題が起きるにちがいないと、
    皆、思っています。
    20年ネパールに関わってきましたが、悪くなる一方です。

    「何かできることがあったら教えて」と聞きましたが
    「何もない」と言われました。確かに、何もできないかもしれません。
    祈るくらいしか。

    来月8日からネパールに行く予定です。
    いくら対策を相談してもまた政治家たちに邪魔されるでしょうが、  
    諦めずに行って参ります。

                             2010年5月6日
                               土屋春代
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
************************************************************************

 少し長くなりましたが、フェアトレードを応援してくださるみなさまに、このブログを読んでくださるみなさまに知っていただきたく掲載いたしました。先月、ネパールのみなさんにお会いした者と致しましても、現地のご苦労に涙します。「政治が足を引っ張る」、「政治が邪魔をする」と、説明される生産者・パートナー団体のみなさんのお顔が浮かびます。普通の家庭には冷蔵庫などありません。もしあっても停電が多いじゃないですか。食べることすら大変です。本当に・・・・・祈ることしかできないのでしょうね。
スポンサーサイト





生産者のご紹介 | 12:54:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する