FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
野菜が大変になる!
  梅雨とは言え雨の降り方が大降りなので、あちこちで土砂崩れの被害が出ている。近くの無農薬・京野菜を販売されてる八百屋のだるまやさんが、この頃深刻な顔つきで話される。

 「野菜が大変になる!、山が手入れされてないので保水力がない。竹や木、草が伸び放題になり重なり合って倒れ光も入らない。雨が降るとたちまち畑や田んぼ、道や川に汚れた水が流れる。目の前の道路もなくなる状況。おいしい魚を食べるにも汚れた水を食い止める、つまり山の手入れがいるんや。
 大根の苗を6000植えても、大根になるのは700本ほど。まわりは霜がおりたように農薬で真っ白、うちらの畑にその影響で虫が来るんですわ。八百屋がこんなこと言うてたらあかんけど、野菜も工場でつくられる時代になる(人工光と太陽光)。いや、もう始まってる。いまに生駒山一面が野菜工場になるとか、松下とかの大手がどんどん投資して野菜工場をはじめるやろ。府民の食料を確保する言うて、とんでもない方向に向こうてる・・・・・」と本当に深刻に訴えられる。

 「野菜が大変!、野菜が工場でつくられる?・・・・」が、わたしの頭にドカンと座る。昨日の日経MJの小さな記事に驚く。「日本の農業に貢献」と題して、「植物工場で作った野菜をチェーンビジネスに乗せるのは初めての試み」と、サンドイッチ日本一位・日本サブウェイの社長さんが語る。そして、その為にこれまで外部の植物工場の水耕栽培から、植物工場併設の野菜ラボ丸ビル店を開業すると。

 植物工場の起源は、日照時間が非常に短い季節の多い北欧と言われている。日本では、農林水産省も植物工場の普及、拡大、助成の後押しをしている、つまり大きな生産者の後押しになる。
 わたしには信じられない!!。日本の美しい四季のもとで育つおいしい野菜や魚を確保することを大切にしてほしい。山の手入れや田畑の維持に助成や後押しをしてほしいと願う。そして、それこそが日本の農業に貢献ではないでしょうか。

 大根の苗を6000本植えても大根になるのは700本・・・・・のお話を聞き、改めて無農薬の野菜作りの大変さを思う。大根の葉っぱをはじめ、どの野菜も「食べきる、粗末にしない」に努めている。


 シャプラニール全国キャラバンのお知らせ
* 日時  7月24日(土) 13:15~15:00
* 会場  大阪府立女性総合センター・ドーンセンター4F和室
* 講演  「ネパールの農村に生きる女性たち」 藤崎文子 さん
* 参加費 500円 
 (申し込み締め切り 7月23日 080-4028-6744 関西シャプラニール・遠藤)
スポンサーサイト





日記 | 12:36:19 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
毎度ご来店、お買い上げ、誠に有難うございますv-7

私も永年《だるまや》の野菜を食していて思うことは、
《無農薬・有機栽培》の野菜だから美味しいのではなく、
野菜を愛している人の《手》が掛けられ、
《太陽の光》など自然の恵をいっぱい受けている野菜だからこそ美味しいと思うのです。

確かに工場産まれの野菜は、安全で生産量も安心なため、価格的にも問題なく消費者には利点も多いと思います。
でも『それでいいのかv-236』の疑問が残ります。

《農業》は大変な職業です。
それ故、大切な職業でもあります。

今の若者が野菜の本当の美味しさを知って、
もっともっと野菜を好きになって、
農業の後継者になってくれることを、ただただ祈るばかりです。

・・・長々と失礼しました。
これからも、美味しいお野菜を皆様にお届けできるよう、頑張りますv-91
2010-07-14 水 23:16:34 | URL | だるまや 勝田 [編集]
すみません・・・絵文字の選択を間違えました・・・。
v-8は失礼ですよね(--;)

《笑顔》に訂正して下さい・・・。
2010-07-14 水 23:23:00 | URL | だるまや 勝田 [編集]
=だるまやさん・勝田 さん=
 早速ご来訪いただきありがとうございます。また、いつもお世話になりありがとうございます。本当にその通りですね。自然の恵みを受けて野菜を愛する人の手作りが、運ぶ人、売る人の愛情が、わたしたちにいただきます、ごちそうさまの想いにしてくれるんですよね。
 切り身の魚が海で、人参や大根が工場で・・・・・、こんな回答が子どもたちのテストになる悲しい時代にならないよう、小さな農業・漁業・林業・商業を守っていきたいものです。
2010-07-15 木 11:27:50 | URL | accha [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する