FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
少し寂しく悲しい情報
     昨日の朝日新聞、「JICA天下り先社長 報酬 年2千万円超」の記事を読み、少し寂しく悲しい気持ちになる。「JICA」と言えば、外務省所轄の独立行政法人・国際協力機構として、文字通り国際的な援助、とりわけ途上国を中心とする支援活動を行っている。海外協力隊としての使命をもち、現地で額に汗して働く若者たちは、現地の状況・出会いに接する中で、「今後の生き方が変わった」とよく聞く。それはそれで大切な仕事・活動だと思っている。

・・・・・・が、JIKA理事長の報酬(2千万円も・・・・)と同じ報酬が天下り先の旅行会社で支払われ、しかもその旅行会社は過去5代の社長がすべてJICA出身、おまけに専務、総務部長も現在、JICAのOBが務めている。
 この旅行会社が2009年度、JICAの航空券発注総額115億円のうち半分以上の59億円を受注。JICAには、昨年度だけで国から2986億円が支出されており、公的資金が天下りOBの高額報酬を支えている構図と。

 JICAのホームページには、この件に関して補足説明と見解を示されているが・・・・・、言いわけの用で何かすっきりしない。
 とりたてて騒ぐことではないかもしれないが、不況の厳しいきびしいこの時期、就職難をはじめフェアトレードのNGO団体や、小さな旅行会社は大変な苦労を強いられている。そして何よりも、天災・人災を問わず先進国の被害をうける途上国の環境悪化はひどい。

 政府の公的資金を受ける組織は、いつ、誰が、どこから見ても聞いても、納得のいく・・・・・、つまりガラス張りが求められるのではないでしょうか。
スポンサーサイト





日記 | 14:34:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する