FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
可愛い「リストピロー」
  8月の最終日を迎えるも暑さは真夏日、「天気予報見ないんよ、ずーっと晴れで35度以上ばかりをみるとしんどくなるよ」、「曇りや雨マークを探すも駄目ね」、「昼は仕事で、母が一人。もったいないなんてクーラー消したら駄目よ!。熱中症で死んだなんて大変じゃないぃー」・・・・・など、お客様と暑さに嘆く日が続く。 さてさて、明日から2学期がはじまると言うに、この暑さでは勉強への集中力がきにかかる。老いも若きも、一日一日が体力勝負。前期高齢者仲間入りのわたしは、なんとか元気で過ごせることに感謝、感謝。

 今日は新商品「リストピロー」のご紹介です。
「ねずみ」と「こぶた」のリストピローは、ブルー、グリーン、ワインと三色、お値段は¥1155です。

<特有のシャリ感があり、さらっとした肌触りの「保多織り」の綿布を使って作ったリストピロー。亜麻の種が入っていて、ちょうど良い重さです。パソコンのマウスを使う時に手首におくと疲れがやわらぐ。肩にのせても、心地よい重さで落ち着く>(ネパリ・バザーロカタログより)

 このリストピローは、ネパール最古のNGO「マハグティ」で作られています。4月のネパール訪問でその工房を見学、なんとリストピローを作っている現場を見せていただきました。写真をみていると、明るく元気に働く多くの女性のみなさんの姿が想いだされます。「ここで作られてるの」と、その写真をお客様に紹介しています。

 NGO・マハグティについて
   『受け継がれる希望』
の見出しで紹介されている「verda」冊子から抜粋

マハグティ創設者トゥルシ・メハール・シュレス氏(1896~1978)は、若き日をマハトマ・ガンディーと共に暮らし、その影響を強く受け、行き場のない女性たちの避難所、後に「マハグティー」という大きな組織となるアシュラムを1927年に開く(すごーい!、今から83年前だ!)。ネパールの独裁体制のもとで、国民の知る権利を主張して追放されるも、ガンディー氏の口添えで帰国を勝ち取る。が、投獄などを繰り返す中で、1970年代、ジャナカプールやカトマンズに虐げられた女性たちのシェルターを築き、女性の尊厳、自立の道を切り開く。1984年、アシュラムの維持運営と製品販売のためのマーケティング組織マハグティを設立す。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 苦難の連続から今日の素晴らしい組織に至るまでの紹介は、涙なしには読めず語れない。わたしは訪問前と後、何回も冊子に目を通す。たかがリストピロー、されど歴史が濃縮されたすばらしい作品・商品のリストピロー!。

      2010_0831リストぴろー0002  2010_0831リストぴろー0005
                    2010_0831リストぴろー0006

Acchaの売れ筋で一番をしめる「ポチとタマのアイピロー」の仲間たち、「リストピロー」は少し温めて肩にのせると、さらに気持ちよく落ち着きます。「かわいい!」と、リストピロー用ではなく、お部屋のマスコットに、これからパソコンをはじめるお友達へのプレゼントに・・・・・いろいろ活用されています。一度お会い下さーい。
スポンサーサイト





フェアトレード新商品 | 15:35:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する