FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「犠牲の累進性」・・・・・・
  冷たい風が吹き、「寒ーいねぇー」の言葉が飛び交う天神橋界隈、「きのうも暇やった、人が通ってへんがな。やになるなぁー、働けど働けど楽にならん!」と、朝からご近所のお豆腐屋さんがぼやかれる。どう返していいのか・・・・・、「今日から寒いから、鍋物で忙しくなるよ!、大丈夫!がんばって働かにゃ」と。

「ビックイシュー」の毎号の連載<KARIN 世界の当事者になる>ー雨宮 処凛さんの記事(11.1 154号)が印象に・・・・・・。

 『犠牲の累進性』  

 彼女の記事にいつも関心をもつと同時にうなづいたり、手をたたくなどいろいろ教えられる。
「犠牲の累進性」・・・・・・、なにか難しく聞こえるが読むうちに「そうそう、それよ!」と声をあげる。

9月10日に開催された、「どっちが深刻? 世界の貧困 日本の貧困~犠牲の累進性を超えて~」のイベント(主催は国内の「反貧困ネットワーク」と「途上国の貧困に取り組むNGOネットワーク)のキーワードが「犠牲の累進性」と。

 たとえば、日本で貧しい人が「生活が大変」などと言っても「日本の貧困などアフリカに比べたらマシ」と切り返されることある。こういった「お前の置かれた状況などは、他のもっと大変な人に比べたら何でもない」という言い分で、問題から目をそらさせ、我慢を強いるやり口や雰囲気を「犠牲の累進性」という。

 正社員の長時間労働より派遣社員の不安定な生活の方が大変
 派遣社員よりもホームレスの方が大変
 日本のホームレスよりも第三世界で飢えに苦しむ貧民の方が大変

先進国である日本で「苦しい」と声を上げる資格のある人は一人もいなくなってしまうと。

 そんな日本で年間3万人が自殺し、過労死と言うかたちで命が奪われる人がいる。

実際に命が失われているのに「○○と比べたらマシ」などと黙らされている。この圧力を「犠牲の累進性」と名づける。(名づけたのは、社会学者の入江公康氏)

そして、雨宮処凛さんは「犠牲の累進性」のもっともタチが悪いところは、苦しんでいる当人を「お前の悩みなど大したものでない」というかたちで「黙らせる」ことだ。当事者が黙ってしまえば、問題は「なかったこと」になる。そうすると結局「別に声を上げていないのだから、やっぱり大したことではなかったのだ」というかたちで闇に葬られ、そのまま忘れられる。

 しかし、「犠牲の累進性」と言う言葉によって、私たちは「言い返す」術を手に入れた。もし今後「○○に比べればマシ」的なかたちで、納得がいかなかった場合「それって犠牲の累進性だよ」と切り返してはどうだろう。ぜひ流行させてほしいと。

 ことばとしては難しいが、言ってる意味がよくわかる。「若者は仕事がないから大変と言うが、途上国の人を考えたら週に数日でも仕事があるならマシでしょう」とが、「国民保険料が高いと言うが、アメリカの無保険者をみなさい。保険があるだけマシでしょう」など、「○○と比べたらマシ」は良く聞く。とりわけ偉い人というか、行政や企業のトップの人たちが、「もっと大変な人がいる・・・」的な発言をしているような気がする。

「犠牲の累進性だよ!」と広げたいです!。

そして、日常生活でも人の苦しみを低く見たり、抑えたりしないように・・・と、深く学んだ記事でした。
スポンサーサイト





日記 | 19:54:19 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こんばんは
先日は素敵な福袋ありがとうございました。
ほんわかした幸せいただきました。
それにしてもこの値段であの内容・・・びっくりしちゃいました!!!
すごくよかったです♪


アチャさんのブログはすごく勉強になるので、知識欲の塊の私にはとってもとっても面白いです。


早速「犠牲の累進性」つかってみます♪

2010-11-10 水 20:47:35 | URL | すばる [編集]
=すばる  さん=
 いつもありがとうございます。福袋・・・・・5周年を迎えることができた感謝の気持ちなので喜んでいただければ、わたしもとてもうれしいです。袋詰めも「これと、この組み合わせで良いかな・・・」など、楽しくできました。
「犠牲の累進性」って、庶民や貧困者に都合のよいように使われていますよね。少し前・・・、いや今日でも「自己責任」論もそのように感じます。小さな小さな力ですが、理不尽なことには声を上げていきたいです。
今後とも宜しくお願い致します。
2010-11-11 木 10:36:41 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する