FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
町が新生児に贈る「君の椅子」
  新年のあいさつ回りでしょうか、背広姿の2~3人組のみなさん、天満宮さんへの初詣でしょうか、祖父祖母とお孫さん連れのみなさんなど、この界隈はまだまだ新年の匂いが漂う。とは言っても、3日後は「戎さん」が出番を待っている。商店街のみなさんは、「戎さんが終わるまで正月はない」と。
 わたしは・・・・・・「戎さんだけですみませんですが、9日(日)、10日(月・祭日)、11日(火)の3日間は夜もがんばります!」と、ご近所のお店やさんに敬意を表する。

  新年に読んだ新聞の中で「良いなぁー、すてきだなぁー」と、心温もる出会いが・・・・・・・・・・。

 「北海道東川  町が新生児に贈る 君の椅子 地域で子育て地場産業も元気」
<「生まれてきてくれてありがとう」。こんなメッセージを込め、新生児に木製の「君の椅子」をプレゼントしている町があります。北海道・大雪山系の山すそ、人口約7800人の東川町(ひがしかわちょう)です。5年間で266人に贈られました。「子育てしやすい町」と評判で近隣から移り住む若い夫婦が続いています。椅子は町の手厚い子育て支援の象徴ともなっています>(しんぶん赤旗)

 この町には保育園の待機児がいない。また、「子育て支援センター」があり、センターの保育士から「センターへ遊びにきませんか」の声もかかる。センターには保育士や保健士がいて、数十人の親子が交流している。
「この町では子育てに孤独を感じることがない。そのせいか3~4人の子持ちのお母さんが多い」と。

 松岡町長は、「子どもを産み育てやすく、高齢者が安心して暮らせる環境を整えるのは自治体本来の職務です。椅子事業は子どもの誕生を地域で祝い、居場所がこの町にあることを伝え、不況にあえぐ地場産業の振興・普及にも役立っている」と。

                    2011_01062011・新聞0003

 さらに感動は・・・・・・
 今年度から町立中学校の椅子と机をすべて木製にする。製作は町内の木工業者。椅子には生徒の名前が刻まれ、3年間使ったあと卒業時にプレゼントされると。

 北海道産の木材を使い、子どもの名前や生年月日を刻印した「世界にひとつだけの」の椅子!。「とってもすてきな取り組み」、「とってもすてきな町長さん」、ですね。「子どもは町の宝・世の宝」が生きて示される。「子育てに孤独を感じさせない」、「地場産業の振興・普及」、大人も子供も息がつまりそうな今日の社会での見事な自治体行政、「やればできるんだ!」と心で叫ぶ。胸にじーんとくる。

スポンサーサイト





日記 | 12:44:22 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-01-28 金 18:50:32 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-01-28 金 21:05:51 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する