FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
朝まであったかーい「ノクシカタ・湯たんぽ」
   冬の寒さに気持ちも体も馴染む。日本の陶器とバングラディシュ・ノクシカタのコラボ、「ノクシカタ湯たんぽ」が離せず、夜は湯たんぽ、朝はそのお湯で顔を洗う。ポリの湯たんぽを使っておられるお客様が、「陶器は朝まで暖かいんですか。ポリは朝には冷たくなってるんです」の声に、「えっ!」と驚く。さすが陶器(多治見の)です!、朝までポカポカです!!。
 
 この陶器は以前にもご紹介しましたが、岐阜県多治見市の高田で作られている。
高田の土には草木の成分であるケイ酸が多く含まれ、耐水性および耐火性に優れているため、湯たんぽにはちょうどよい。「うちの徳利に入れておくと、二級酒が一級酒になると言われてるんよ。お酒がまろやかになるんやね。水も一緒で、ずっと入れておいても腐らない。朝、湯たんぽの水で(お湯で)顔を洗うとすべすべになるんよ」と、13代目の作り主である加藤さんの弁。
 加えて、この湯たんぽは「黄瀬戸(きぜと)=瀬戸焼」と呼ばれ、釉薬(ゆうやく)に雲母が含まれているため保温性が高まるのだそう。(シャプラニールカタログより)

 わたしは「この水(お湯)で顔を洗うとすべすべになる」を信じ(笑)、前夜、顔に塗ったねんどクリームをこのお湯で洗い流す。そのあと冷たい水で洗う(肌を引き締める)。吸着力にすぐれているねんどクリームが、夜中に汚れを吸い取ってくれるので、朝の洗顔にわざわざ洗顔剤は使わず洗い流すだけでよい。
 もう肌を気にする年齢ではありません。が、いくつになっても現状維持(誰もが今が一番若いと)にチャレンジですよね。

     2011_01152011・1・15 0002 2011_01152011・1・15 0004

 写真左 「ノクシカタ湯たんぽセット」¥4900
 写真右 「手編みの湯たんぽカバー」¥3200

 豪華な手刺繍や手編みの湯たんぽカバーは、少し贅沢かもしれないがとっても幸せな気分になる。湯たんぽのあったかさに、手作りのぬくもりがプラスされるんでしょう。わたしは大切なものを抱えるように持ちあげ、「わたしのふとん、あっためておいてね」の想いで、そっとおふとんの中にしのばせる。
 そして・・・・・・・、寝るときのあったか幸せ、早朝目が覚めてもう一寝入りのときもポカポカのあったかしあわせ、最後に朝の顔洗いであったかと、毎日3回あったかしあわせをもらう・・・・・わたしの大切なモノです。
スポンサーサイト





商品のご紹介 | 16:36:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する