FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
お客さまと語る・・・・・・
  「大丈夫でしたか、ご親戚や友人関係のお方は・・・・」と、3・11以降お会いするお客様との対話が東北地方の地震の話題になりやすい。
 
 先日、いつも明るく元気、笑顔いっぱいのOさんが、少し疲れ気味のお顔で来店される。「法事で横浜へ帰えり、法事が終わった翌日が地震。前日一緒だった叔父さんが宮城へ帰るや否や非難にあって・・・・、命は大丈夫だったけど家が全壊・・・・・・・、他にも親戚や仙台の友人が被害にあって・・・・。今まで、行方を聞いたり、その中で亡くなった人もいたりでしょんぼりなの。家に居ても暗くなるし、ここに来てちょっと元気になりたい」と。

 Oさんは法事が終わった翌日、新宿の都庁近くでお友達と会われていたようで、48階の都庁建物の揺れる動きをみて怖かったことや、電車が不通になり5時間歩いて泊っている家にたどりついたこと。また、一人で歩いた暗闇の5時間、カバンに入れていた「フェアトレードのチョコレート」に、どれだけ助けられたことか・・・・・など、その時の状況をいろいろ話して下さる。

 お爺ちゃんの法事に親戚一同が集まった翌日の出来事、なんと慰めてよいのか・・・・・、「大変だったわねぇー」と、お話を聞くだけしかできず・・・・。
 恐ろしい地震は金曜日だったので、土曜日の祝い事を目前にしていたご家族やグループも多々あったことでしょう。

 「あの日以来駄目なの」と、体調をくずされているFさん。きっと辛いことがおありなのでしょう。
「落ち込むから出て来たの・・・・」と、元気の出るヨギソープをお買い求めのお客様。

 親戚や友人、知人の消息がわからず、寂しい想いをされてる方をはじめ、被災地の状況に胸を痛められている方が多い。

 でもでも、新聞やテレビで紹介されている被災地のこんな状況に涙しながらも、逆にわたしたちが元気をいただいているのでは・・・・・とも。(頭に残っている内容で少しまちがっているかもしれませんが)

*** 「避難所で被災者自らがボランティア活動」、班長などリーダーを決め、その指示のもとに食料品などの仕分けをして少しずつみなで分け合って食べる。

*** 「がんばれ高田、ぼくたちが町を守る」(だったかな)と中学生が書き出し、避難所の体育館に貼りだす。

*** 2歳の息子がシューズを履いて、「地震を逮捕しに行く!」と独りで外にでようとしていた。

*** ディズニーランドでショップのお菓子などが配給。ちょっと派手目な女子高校生たちが必要以上にたくさんもらってて「何だ?」と一瞬思ったが、その後その子たち、避難所の子どもたちにお菓子を配っていたところを見て感動する 

*** 品薄になるも列をつくコンビニ、商品が床に落ちても奪う人もなく、みなが列の順番を守っている

********** 熱きできごとがあちこちで・・・・・・・・。

 そして、夕方いつも来て下さるお母さんが「地震の募金を」と来店される。「日々何か罪悪感を感じて・・・・・」と涙されながらお札を入れられる。「わたしたちが落ち込んでいても被災者のみなさんは喜ばれないでしょう。これからですし・・・・・・、食べて寝て、元気にいきましょう。と涙を共有しながら、くらしや、社会、経済の発展を話し合う。

 あたたい救援金ありがとうございます。引き続き宜しくお願い致します。
スポンサーサイト





アチャのお客様 | 19:36:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する