FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
心と救援募金で今後も被災地支援を!
 昨日、ネパリ・バザーロさんから「支援物資しっかり届けたよ!」のご報告をいただく。ありがとうございます。

「釜石の6ヶ所は、寺院の避難所2ヶ所、集会場の避難所1ヶ所、半壊のホテルに身を寄せている方々の所、ネパリの取り引き先レストランのオーナーご夫妻とお兄さん家族の2家族が避難されている所、釜石の緊急支援センター。
 仙台市では2ヶ所、パレスチナオリーブさんと仙台みやぎサポートセンター内の支援センター
 予定外で宮城県石巻市のネパリのサポート会員宅、仙台市内でカイロやカセットコンロ&ボンベイ、下着、歯磨き&ブラシなどなどの生活用品、お米、牛乳などなどの食料品を買い出し届ける。
 その他・・・・・・・、計10ヶ所を訪問され、ネパリスパイスの「野菜カレー」など作られたと」

 そして、今後の方向として支援物資、支援資金など、現地の生の声を聞きながら、長期的な支援と緊急支援に区別し、顔の見える支援活動を展開されるとの報告をいただき、acchaもみなさまからいただいた救援募金の活用をはじめ、支援する仲間の隅っこに入れていただくことを申し出る。

「支援物資が全国から集まり、倉庫が一杯になって、配りきれていないとか、花巻市のようにもう支援物資を受け付けない方針のところも出ている。が、その一方で、個人の被災者(全壊を免れた家で暮らす)には届いていない、格差が広がっているとも。
 さらに、こちらから物品を送ってしまうと地元経済に悪影響がでる。
 被災地に近く、ほとんどダメージを受けなかった商店では、営業を再開しているところもどんどん出てきている。そこから買えば地域経済にプラスになる(本当にその通りだと共感する)。ガソリンの入手困難が緊急の課題」と。

 「人と人の絆はどんな巨大な地震でも壊せない、そんなことをお互いに感じ合える復興イベント」なども考えられておられるようです。みなさま、お待ちください!。ともに支援・行動・参加してまいりましょう。
 そして、何よりもフェアトレードショップ・acchaの元気が大切です!!!。宜しくお願い致します。
スポンサーサイト





お知らせ | 17:05:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する