FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ゴールデンウィークですね・・・・。
  昨日からスタートのゴールデンウィーク、離れた実家へ帰られる方、お友達と再会される方、お家の片づけ、お仕事が忙しい方・・・・・と、いろいろのお休みがはじまる。そして、今年は東日本大震災への支援活動をはじめ、多くのボランティアさんも東北へ走られる。「避難所に閉じこもっていると病気になる」と、お友達とおしゃべりをして、気をはぐらかすお年寄りのみなさんの新聞記事を思いだす。お元気でウロウロできる場所があれば良いなぁー。 
 東北支援活動をされるみなさま・・・・・・、ごくろうさまです。
 
 仙台から避難をされておられるNさんが仙台の実家に帰られる。お姉さんのお土産にオーガニックコットンのお洋服をおみやげに。「自主避難なので、なんの援助もないです。早く住まいを見つけて落ち着きたい」と話される。

 「千葉に帰るので何かおみやげを。彼女、こんな雰囲気のものとても好きなんです」と男性。サリーのショルダーバックにチョコレートなどを詰める。「ワインも好きなので、ここに入れていきますわぁ」と。久々に合われる彼女との再会にお顔がほころぶ。

 「連休は実家に帰ります。わたしのプレゼント探しですが、妹も好きなものが多いので何かを・・・・」と、やさしいお姉さんが妹さんに手刺繍のカードケースを買われる。

 「連休は、また東北にいきます。マッサージの受け入れ所がありまして」と、ニッコリされるMさん。「原発がどんなものかしってほしい」(平井憲夫さん筆)を読まれ、ますます高揚されたお顔で話される。身体に優しいコットンの下着を買って下さる。

 「家族でキャンプに島根へ行くんよ。食材だけ準備すればいいから安すつくわよ」と、Sさん。いつも明るくお元気なSさんだが、「おばちゃん聞いてほしい話があるの・・・・・・・」と、ポツリポツリ話される。「良い子を脱皮し、自然体でいこうよ!」とわたしの想いをいろいろ話す。また、お休み明けにゆっくり聞かせて下さいね。

 「もう1カ月半位でしょうか、とっても可愛くて今が幸せです」と、サポーターのSちゃんが「ももちゃん」をつれて来店される。「こんな小さな赤ちゃんみるの久しぶり!」と、まわりのお客様から「可愛い!」の声が集まる。動く力、いやだとむずかる力、生まれてすぐの赤ちゃんから、生きる力を考えさせられます。
               
                  2011_042801・4・29 あか0004


 「母の日のプレゼントに」、「連休中は仕事がんばります」、「久しぶりにゆっくりします」・・・・・・・・など、お客様のいろんな声をきかせていただく。

 わたしは、5月2日(月)の定休日以外はお店です。
           みなさまのお越しを 「accha」 にてお待ちしてます。
  
スポンサーサイト





アチャのお客様 | 14:10:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する