FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
展示会で京都へ
   昨日、姉に店をお願いし、ご近所でいつもお手伝いをして下さる淳子さんと一緒に、京都のシサム工房さんの展示会(秋・冬もの)に出向く。シサムさんの展示会ははじめて、しかも新しい事務所もはじめて、かつ京都の地・・・・と言うことで何かワクワクの気持ち。少し道を間違えながらも到着、展示会場の3階に着くまでにも、秋・冬もの以外の可愛い子たちが展示され「わっ!、かわいい!」と商品にのめり込む・・・・・・・。と、言うことでカメラを持ちながら写真を忘れてしまう単純な高齢店主で、反省ばかりです!。

 「うちの商品も空間を作り、こんな展示をすれば、商品たちはもっともっと輝くのに・・・・」と、改めて狭い店内のacchaに対するため息。「探す楽しみもあるんよ!」と淳子さんに慰められる。2人でいろいろ相談しながら、秋・冬の予約と、今、必要なものを選ぶ。懐の心配をしながらも「まぁー、いいっかぁ」と。 
 3階の展示室の窓から、有名な京都の「大文字」がくっきりおごそかに・・・・・すばらしい眺めをいただく(やはりパチリが必要です)。「今日はうちの子どもが遠足で、あそこに登っているんですよ」と、お世話をして下さるスタッフのTさん。

     2011_052601・05・26 シ0002  2011_052601・05・26 シ0004
                  2011_052601・05・26 シ0008

 お土産にいただいたエコバックと資料を写真にする。無漂白コットンのエコバックは、インド・ムンバイのスラムに暮らす女性たちに、自立に向けた職業訓練の一環で作ってもらっていると。「お店の景品や姿勢を示すインセンティブなどとしていかがですか」の提案も。

 往きは京阪や叡山電車、帰りは京都駅までバスに乗り、京都市内の風景を楽しむ。「歩きなら入りたいお店ばかりね。帰って少し仕事しようかな(グラフィックデザイナ)」と淳子さん。ご自分のお仕事の段取りをたてながらも、1日助けていいただきありがとうございます。
スポンサーサイト





未分類 | 12:47:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する