FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
2人のお客様・Nさん
     世の中の3連休が終わり街は日常に戻る。「お久しぶりですぅー、今日は梅田の方に来ましたので・・・・・・」、「フェアトレードのカレーが食べたくて・・・・」、「チョコレートはまだですか・・・・」、「仕事が忙しくて、やっと・・・・・」、「結婚のお祝い品を・・・・・・」と、acchaにもご近所のみなさんと合わせて、遠くからもお客様の来店をいただく。ありがとうございます。

                                            

  お客様のNさん、先週末木・金・土と続けて3日間来店される。月~木までがケースワーカーのお仕事なので、木曜日は「お帰りなさい」の声でお迎えする。外回りが多いお仕事で2ヶ月ほど前、段差で足首を骨折され、ギブス、テーピングとこの2ヶ月で徐々に回復され、やっと自転車に乗れると。毎日ゆっくり歩いていた姿から、Nさんの自転車姿を見たとき感激する!。
 
 月~木の週4日の仕事では大変なので、金曜日に電話相談を受ける夜勤のお仕事に就かれる。金曜日の来店はめずらしいので、「どうしたん!」とびっくり。「今日MRI検査をしたら、ケンが切れているから手術した方が良いと言われたの」としょんぼり報告される彼女。「入院して仕事に穴があくと首になるかもしれない・・・・・・。労災を使わせてくれるだろうか・・・・」と心配はつきない。

 看病されてるお母さんは、要介護の基準が下がり8月末で病院を追い出され、最近流行の老人マンションに。まったく心の通わない営業重視のマンションで、部屋の外からカギがかけられていると。毎週訪問される彼女はそのことも気がかり。

 「夜勤明けで疲れていたけど、森林の市(桜の宮の大川沿いで開催)行って癒されたわ。これ買ってきた・・・」と、ニッコリ笑って大きなさつまいもを1本下さる。大好きなフェアトレードの商品たちと触れ合いながら、店を後にされる。いつもお話を聞くだけで、「そう、大変ね!」、「けしからんよね!」、「お疲れさん!」、「お帰り!」、「いってらっしゃい!」、「ごくろうさん!」しか言えないが、帰り際のほんの少しの笑顔に救われる。も、「労災を使って早く元気に!」、「その間、お母さんが元気でありますよう・・・・」と、心の中で唱えながら見送る。

*************
 毎週木曜日の夕方、そのNさんとよく顔合わせとなるもうお一人の若いNさん。「お昼の食事ここで食べさせてね」と、今日の正午ごろ来店される。そして「いつもお世話になってるから・・・・」と(何もお世話してませんよ)、連休に行かれた慰安旅行のおみやげの「赤ワイン」を下さる。「気を使わせて申し訳ない」と思いつつ、好きなワインを遠慮しながらもいただく。

 彼女と出会って約2年、職場の仲間からのいじめが発端で、最初は診療内科に通院されていた。が、ここ半年前くらいからでしょうか、小さないじめにめそめそせず、随分たくましく、大きく大きく成られる。「ふてぶてしい態度」の大きさでなく、「そんなささいな事・・・・・、気にしない」、「自然体で一生懸命自分の仕事をやりきる」、「自分が変わること」と、それはすばらしい!。 

 一般からすれば少し大変な人間関係の職場にもかかわらず、もう一人のNさんも含めて、「がんばれ」と言う仲間のお客様たち。体験者を中心にacchaお客様同士の支え合いもプラスにされている。「フェアトレードの気持ち良い、個性あるお洋服で、流行も気にしなくなり楽よ」と、フェアトレードへの熱き思いも抱かれる。

******* 人生のいろんな節目を乗り切られるお客様たちとの出会い・・・・・・・、わたしが多いに学ばさせてもらってる。お一人お一人のがんばりにエールを!!!。

スポンサーサイト





アチャのお客様 | 17:09:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する