FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ファスト・ファッション??
   毎月2回発刊されている「ビックイシュー」、わたしはJR天満駅で買うことが多い。彼はいつも笑顔を絶やさず、礼儀正しく、一生懸命で頭が下がる。毎号で紹介している販売者のみなさんの人生を知ると、解雇、失業、家族離散・・・・・・など、今日の社会で誰もが成りうるように感じる。故に、熱き想いになる。もちろん、本の内容も充実している。

 10月15日・177号 「ファスト・ファッションを考える」(環境ジャーナリストのルーシー・シーグルさん)にうなづく。

* ファッション業界では、ニューヨーク、ミラノ、パリなど、名高き国際ファッションウィークが、「秋冬」と「春夏」が相いも変わらず開かれる。が、私たちの日々の服装とほとんど関連がない。実際の一般向けの商品は30~50回も入れ替えが行われる

* 商品の回転の速さに格安衣服。・・・・・・・・・・・・2005年には、英国におけるファッション市場の19%をスーパーが占める(現在は2割を超えるでしょう)。そして値段が下がる分、人々は服を大量購入する。

* この衣料経済のあり方がおかしいことに多くの人が気づいている。膨大な数の労働者が世界中の、特にアジアの工場で、過酷な状況の中に働いていることにも。 

 たとえばケミカルウォッシュ・ジーンズ
バングラディシュ、ダッカのデニム洗浄工場では、男たちが空気銃を手に地元の川から採集した砂を生地に吹き付け、着古した風合いを出している。マスクの支給はない。145人の砂吹き工を調査した結果83%に呼吸障害があると判明。

 パーティードレスを飾るスパンコールは、手作業で縫いつける。機械を使うと簡単に割れてしまうからだ。インドでスパンコールを縫いつける女性に支払われるのは、トップス1枚当たり15ルピー(25円)以下である。工場労働者よりも安い賃金で、内職でその作業を行う人は世界中で3千万人を数える。

***** 短寿命化が進むファッションが環境に与える影響も深刻。
綿栽培に使われる農薬や合成繊維を作る際の化学処理、水源を汚染する不潔な染物工場に至るまで、環境に途方もない負担をかけている。

     2011_102911・10・290001  2011_102911・10・290004

 今後はきっと、「生産コストを適正に負担する倫理的(エシカル)ブランドが台頭し、世の中を大きく変えていくだろう」と。

******  途上国の人たちの重労働に依存しない、作る人にも着る人にもやさしい、そいて環境にやさしい・・・・・・・フェアトレードの出番です!!。わたしたちは、モノの作られる背景を知ることが大切になりますね。と同時に、適正価格のモノが買える暮らしの安定でしょうか。
 
スポンサーサイト





日記 | 15:06:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する