FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ウインドファームのフェアトレード
 オーガニックのコーヒーや紅茶などを取り扱っている「株)ウインドファーム」から、生活情報誌「エコロジーの風・第15号 2011年11月号」が届く。
 acchaでは、「ハチドリのひとしずく、中南米ブレンドコーヒー、インスタントコーヒー、南インド紅茶、セイロン紅茶」、そして夏に欠かせない「水出しコーヒー・森のひとしずく」などお客様に好評をいただいている。

 その生活情報誌に紹介されている 『 お客様の質問に応える 』 に目がパッチリ・・・・・・・・。
 「ウインドファームのフェアトレードと一般のフェアトレード」と題して

  「例えば現在、大手チェーンでも ”フェアトレード” を謳っていますが、
         ウインドファーム社で取り組んでいるフェアトレードとのちがいはありますか?」


***** 大きな違いとは・・・・・・・・特に力を入れていることとは・・・・・・・・・

  森を守り森を育てる「森林農法(森を残したままその中にコーヒーをはじめ様々な果樹や作物を植えていく栽培方法)」による「有機栽培」であることを重視している。 
 現在、農薬や化学肥料を使っていても、つまり、オーガニックでなくてもフェアトレードのラベルを貼ることができることになっている(とフェアトレードラベルジャパンに確認済み)。

***** 「フェア」とは、人と人とのフェアだけでなく、人と他の生物とのフェア、今の世代と未来世代とのフェアを大切に考える
 一般の農園「プランテーション農法」は、コーヒーだけを栽培するので鳥の種類も数種類。
「森林農法」の農園には、コーヒー、果樹、薬草、建築資材や燃料になる樹木など、様々な植物が栽培されているので、数十種類から百種類以上の鳥を見ることができる。他、様々な野生動物の棲み処を提供することにも。
 そして、二酸化炭素を吸収し、地球温暖化を食い止めることへの貢献にも。

***** ウインドファームのフェアトレード  ~ちょっと変わった支出~
 生産者とのつながりを強めるため、エクアドルとブラジルに現地スタッフを置いている。また、生産地域の「鉱山開発」を食い止めなければ、コーヒーをつくることができなくなるので、地域環境団体への資金援助や、地域の技術指導の給料、地域の生活改善の資金援助も行う。

 そして、生産者の経済状況にあわせたコーヒー価格を決めて支払う。かつ、支払いも半年から1年前の先払い。

 わたしたちの考える「フェアトレード」とは、有機栽培の推進でそのためにも、生産者と共に森を守る活動です!。お客様から「スーパーのコーヒーは500円以内で買えるのに・・・・・」の声もいただきますが、こうした支出を踏まえての商品の価格設定をご理解をいただければ・・・・・と。
(大手チェーンのS社は、2005年の販売データによると、フェアトレードのコーヒーの割合は、3・7%だそうです)

2011_111911・11・15 ク0001 2011_111911・11・15 ク0005

***** 人と人のフェア、人と他の生物とのフェア、今の世代と未来世代とのフェア・・・・・・、ほっこりと・・・・とても良いですね。3・11以降、とりわけ求められているのではないでしょうか。少し高めのコーヒー・・・・かもしれないですが、3回飲むところを2回に減らすなどしながら、この熱き思いに応えていきたいものです。生産者の顔が見えるコーヒー、地球に身体にやさしいオーガニックのコーヒー、今後とも宜しくお願い致します。
スポンサーサイト





商品のご紹介 | 12:28:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する