FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
2012 春夏カタログです!
  ピープル・ツリー2012春夏号のカタログと商品が随時入荷です。春や初夏を呼ぶおしゃれなお洋服、アクセサリーなどが満載!。少しづつ商品が動き始めています!!。

 代表者サフィア・ミニさんのスペシャルインタビュー「キャンドル・ジュンさん×チャンチャル・セングプタさん」と、キャンドルを買って被災地支援の取り組みをご紹介します。
 
 アーティストのジュンさんは、ショーやイベントの空間演出のほか、世界の紛争地やテロの現場でキャンドルを灯し、現地の人びととの交流を通して世界平和を実現するための旅を続けていると。

 セングプタさんは、インドのコルカタにある障害者支援組織「サイレンス」でマーケティングや生産者管理の責任者で、ピープル・ツリーとのキャンドル販売18年。

*** インタビュー対談の中で、わたしの心に響き、深くうなづく・・・・・・・・。
 ジュンさん
 地震は大地からのメッセージだと思っている。人間だけのシステムではなくて、地球いっしょに生活していくんだという意識を取り戻すチャンスだということです。ここから日本は変わっていくんだと。・・・・・・・・・・・・・・・・・・。( そうです!、変わらなければ・・・・・、変わるために一人ひとりが立ち上がらなければですね)

 セングプタさん
 インド人も「自然に対峙するなら自然は私たちに何も与えてくれない。許してくれない」という考えをもっています。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。サイレンスの入り口には小さな祭壇があり、そこにはヒンズー教、イスラム教、キリスト教、仏教など、働く人びとの信じる全ての宗教の聖典を置き誰もを尊重するとい気持ちを表している。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。(  いいですねぇー、すてきですね!、キャンドルを作っているのは耳の不自由な人、ラッピングは目の不自由な人の作業、すばらしいです!)

    2012_022312・2・23 0002  2012_022312・2・23 0007
2012_022312・2・23 0008 2012_022312・2・23 0009
2012_022312・2・23 0010 2012_022312・2・23 0011

  2012年2月1日~12月31日の期間、ピープル・ツリーのキャンドル売上金の10%が被災地支援の活動に寄付される仕組みで、小売店ではキャンドルの仕入れ金額になるでしょうか。ろうそくを灯すたびに、被災地への想いを胸に・・・・・・と。
 平和・人権・尊重への熱い思いが、ろうそくで繋がるジュンさんとセングプタさんとのすてきな出会いです。
スポンサーサイト





フェアトレード新商品 | 15:37:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する