FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
襟を正す、出会い・・・・・・
 2月最終の土曜は雨、で明日にかけて冬の寒さが戻る・・・・と。でも、ひと雨降るごとに春がやってくるんだなぁ。

 今朝の朝日新聞、「若い世代」の読者の声を読み、日本人・大人としてはずかしい想いを抱く。日本人・大人としたのは、若い世代の方3人とも外国(ネパール、インドネシア、フランス)と比べての声・記事でして・・・・・・・・・・・。

  「ネパール人の死 申し訳ない」   中学生 (12歳)
 1月、大阪阿倍野区で日本人グループに暴行され亡くなった男性の件だ!。

「慣れない異国でまじめに働き、日本人を尊重して下さっていたんだと思う。男性は、体が大きく、力も強かったそうだ。手を出せば勝つ、けれど相手にけがをさせてしまうー。相手を思いやり、耐えに耐えていた男性。彼の生き方こそ、人間の本来の生き方ではないか。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。わたしは恥ずかしい。日本を信じてくれている世界中の人たちに申し訳ない。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。心から謝罪すると共に、決して手を出さなかった彼の姿から学ぶべきだ」

  「インドネシアより安全だが」   日本語学校生 (19歳)
 祖父を日本人にもつ彼が、日本を留学先に選んだのは安全だからと。

「1年半前の来日後、携帯電話を落とした時も、その日のうちに交番で受け取れるなど安全を実感する。ところが、ある雨の日、コンビニで買い物をして出たら、傘立てから自分のかさが消えていた。わずか10分弱のこと。同じことが2回・・・・・、さすがにがっかり。安全だからといって警戒しないのはよくないが、日本へのイメージは思いこみだったのかもしれない。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。どんな時でも思いこみは避け、ありのままの状態を受け止めるべきだと思っている。

  「挨拶習慣  日仏の違いに驚く」   中学生  (13歳)
 父親の仕事の関係で、約7年間フランスに滞在で1年前に帰国。

「フランスでは、買い物でお店に入る時に”こんにちは”と挨拶するのが当たり前でした。日本で先日、コンビニへ行きいつも通り”こんにちは”と。一緒にいた母に”はずかしいからやめなさい”と注意される。日本では挨拶しないといことを改めて知る。僕はすべきだと思う。その方が気持ちよく買い物ができると思う。”客と店員”である前に”人と人”として挨拶できる国になってほしいです」

 すてきな、若者の声・想いに、”はずかしい”思いと同時に温かい心をもらう。共感と尊敬の拍手・・・・・・・。純粋な子どもたちをはじめ、若い世代に恥じない日本人・大人の生き方を・・・・と襟を正す出会いでした。
スポンサーサイト





日記 | 16:39:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する